こんにちは!事業推進チームです。

データは現代ビジネスにおける重要な資源であり、経営戦略の策定から日々の業務プロセスの改善に至るまで、あらゆる場面でその価値を発揮します。

しかし、多くのビジネスパーソンにとって、データを検索・抽出するために複雑なシステム操作や専門知識が必要とされる現状は、大きな壁となっています。

この記事では、システム担当者でなくても簡単にデータを検索・抽出する方法について、分かりやすくご紹介いたします

■専門知識不要なデータ活用について



システム担当者でない方でも理解できる、簡単なデータの検索・抽出方法を探究していきます。

専門的な知識やツールの操作方法に頼らずに、必要な情報を迅速に取り出すことが可能になり、業務の効率化はもちろん、データドリブンな意思決定を推進することができます。

■検索・抽出ツールの活用



市場には、エンドユーザーが直感的に操作できる検索・抽出ツールが数多く存在します。

これらのツールは、専門の知識がなくとも直感的なGUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェイス)を通じて、データの検索や抽出を可能にします。

このようなツールを活用することによってSQLは自動生成され、エンドユーザーはマウス操作のみで簡単にデータを検索・抽出することが可能になり、運用の効率化が実現致します。

■ ビジュアル化ツールの使用



データの検索・抽出だけではなく、その結果を分かりやすく表示することも重要です。

TableauやPower BIといったビジュアル化ツールを利用すれば、抽出したデータをダイナミックなグラフやチャートで表示することができます。

これらのツールは、直感的な操作性と豊富なビジュアルオプションを備えているため、非技術者でも比較的簡単にデータのビジュアル化が行えます。

■まとめ

いかがでしたでしょうか?
システム担当者でないビジネスパーソンでも、簡単にデータを検索・抽出し、業務に活用することは十分に可能です。

直感的に操作できるツールの選択、ビジュアル化ツールの活用といったアプローチを通じて、データの価値を最大限に引き出しましょう。

データを支配することができれば、より賢いビジネスの意思決定を行うことが可能になります。

イーストでは、本ブログで紹介したような誰でも簡単にデータを扱えるSkyLinkというツールをご提供しております。データ活用にお悩みの方は是非お気軽にお問合せ下さいませ。

詳しくはこちらをご覧ください。